下川 真弓

下川 真弓

Mayumi Shimokawa

Group 総看護部長

昨年11月に着任し、看護部門全体の管理に携わっています。
主な業務として、看護部の運営方針決定、職員の教育・育成、病院経営への参画・ベッドコントロール、看護職員の採用・適正配置など人事に関する事を行っています。
これらのことは結果として、看護師の定着とやりがい、患者への良質な看護の提供に繋げるべきであり、ひいては病院経営につながるものと考えています。
急性期病院から慢性期、在宅部門での管理経験を地域密着型の病院で活かすことで地域の高齢者の方が、良い状態で生活を送ることができればと思います。

今の夢

専門性の高い
スキル

下川 真弓
人口の高齢化が進む中地域賦活ケアシステムの構築が重要とされ、高齢者の方々が地域で暮らすには専門性の高い看護のスキルが必要であると考えています。